普通の小論文とは一味違う!看護系小論文についてチェックする

小論文は学科などによって書き方が異なる

理系や文系、看護系など希望する学科によって小論文の書き方も変化していきます。なので、自分が希望する学科の小論文についてちゃんと確認しておくことです。今回は、他の小論文と比べてみると書くのが難しいと言われている看護系の小論文について見てみましょう。

看護系の小論文を書こう

作文用紙

看護系小論文とは?

看護系の学校に進学する場合も、小論文を書く必要があります。やはり、看護系の仕事は責任感が重要になるので、一般的な小論文と異なって書き方やルールなどが多少特殊となっています。鋭い視点から考察した論理的な意見を誰にでも分かりやすい表現で書いていくことが重要になってくるでしょう。

よくある出題形式

看護系小論文によくある出題形式などを確認していきましょう。看護系小論文では主に2種類の出題形式があります。1つ目が課題作文型で定められたテーマを基に考えを述べていきます。次に資料分析型となっており、グラフなどの資料やアンケート結果を参考にしつつ、論理的に考えを伝えていきます。看護系小論文ではこの2種類の出題形式をちゃんと書けるようにしておくことです。

書くときのポイント

看護系の小論文では大体50~90分間の間で書き終わらないといけません。また、文字数制限もあるので800文字ほどは小論文を書く必要があります。そのため、看護系の小論文では時間を有効的に使用することが大切になるでしょう。書き方を徹底して把握することで、効率良く小論文を書いていくことが出来ますよ。